虎に翼優未役の子役が金井晶に交代!うまい演技可愛くない?

朝ドラ「虎に翼」佐田優未役子役が金井晶さんに交代!うまい演技で可愛くない?
スポンサーリンク

2024年前期連続テレビ小説:「虎に翼」、第11週から登場する優未役の子役が金井晶さんを紹介します。

朝ドラ「虎に翼」の主人公:佐田(猪爪)寅子の長女:佐田優未役の子役が金井晶さんに交代しました。

優未役の子役がおかっぱの髪型に変わって

さらにしゃべって驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あっ、火垂るの墓の節子ではありませんよ。

金井晶(かないあきら)さんは2018年2月22日生まれ、東京出身、劇団東俳所属の子役です。

虎に翼出演前にはポークビッツや日本データー のCMや舞台でうまい演技と可愛いさで魅了しました。

そんな、金井晶(かないあきら)さんのプロフィールや経歴を紹介します。

朝ドラ「虎に翼」において、子役はあまり登場するシーンが少ないと筆者は考えています

その少ないシーンにおいて、筆者が考えた想定される場面を詳しく紹介します。

\お子さんをスクリーンデビューさせませんか?/
スポンサーリンク
目次

朝ドラ「虎に翼」優未役の子役が金井晶さんに交代!うまい演技で可愛くない?

朝ドラ「虎に翼」佐田優未役の子役が金井晶さんに交代しました。

金井晶(かないあきら)さんのプロフィールや経歴を紹介

金井晶さんは、東京都出身の6歳で、劇団東俳に所属している才能あふれる子役です。

2018年2月22日の2並びの日に金井さんは生まれました。

身長107cmという小さな体からは想像もつかないほどの大きな存在感を放っています。

特技は朗読、絵を描くこと、そして工作で、

好きなたべものはブドウです。

ショートカットがお似合いで可愛いですね。

子役の金井晶(かない あきら)さんの出演歴


金井晶さんは、テレビドラマやCM、舞台など、幅広い分野で活躍しており、

その演技力は多くの人々を魅了して止みません。

特に注目すべきは、

金井晶さんが撮影に協力したグラフィック広告「三井のカーシェアーズ」や、

CMの「伊藤ハムポークビッツ」、

舞台「夢のうらしま物語」での赤くらげ役、そして「激流ノ果テ」での小寺清子役など、

多彩な役柄を見事に演じ分けています。

伊藤ハムポークビッツCMでは母親の子供の頃を演じました

伊藤ハムポークビッツCMで

ポークビッツ世代をつなぐ篇に出演された金井晶さん。

金井晶さんは、お母さんの子供の頃を演じました。

不機嫌なお子さまをもつお母さん、ご自身の記憶から、

ポークビッツなら美味しく食べられる。

ポークビッツは筆者の子供のときからある商品ですからね。

CMでも3世代にわたってポークビッツが継承されましたね。

日本データー TVCM 医療篇 支えよう、医療。のCMで体調の悪いお子さんを演じる

日本データーの企業CMに体調が悪いお子さん役として出演されました。

日本データーの正式な社名は

株式会社日本ビジネスデータープロセシングセンター

です。(長い・・)

ITソリューション、医療関連、公共福祉、AI・ロボティクス・IoTといった幅広い分野で事業を展開しています。

ちなみに、お母さんを包んでいた赤いモコモコは「安心くん」といいます。

「安心くん」は、心が和らぐ瞬間に現れ、安心感が続くように見守ります。

顔は安心を象徴するハートマークで、体は心が温かくなるようなオレンジ色です。

急にお子様が熱を出して病院に駆け込んだ際、

お母様の心に現れた「安心くん」は、

日本データーが日本一の接遇を目指して生み出したキャラクターです。

まさにCMで表現されていますね。

スポンサーリンク

劇団東俳のフルーレットガールズの一員

劇団東俳の女の子の子役を中心にyoutubeでフルーレットガールズの動画を配信しています。

時々、金井晶さんも出演されますので注目してくださいね。

\お子さんをスクリーンデビューさせませんか?/
スポンサーリンク

おかっぱの髪型の金井晶さんが演じる優未役のネタバレストーリーの様子は?

金井晶さん

金井晶さんが演じる優未役において寅子は

  • 家庭裁判所設立に向けて尽力する
  • 希望だった裁判官になる
  • 戦災孤児の道男を猪爪家に引き取る
  • 寅子の母:はるが亡くなる
  • 道男が笹山の笹寿司で更生する

といったストーリーが考えられます。

ここからは筆者の予想も含んでおりますが、

メインとして登場するシーンはあまり多くなく、

  • 多忙な寅子じゃなく花江や直人と直治らに育てられる
  • 戦災孤児の道男がやってきてビビる猪爪家

といったシーンが展開されるのではないかと筆者は想像しています。

寅子の帰りを喜ぶ優未

寅子の帰りを喜ぶ優未のイラスト(イメージ図)

第11週「女子と小人は養い難し?」第52話にて

寅子の帰りを待つ優未として登場、

寅子が帰ってきたことがわかると「おかあさーん」と飛び出してきました。

大晦日に家庭裁判所開設のお手伝いし三世代そろって初夢

はる寅子優未のイラスト

大晦日に家庭裁判所開設のお手伝いし、優未は早々におねむ・・・

そして、家庭裁判所開設の正月、三世代そろって初夢です。

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」ストーリーの概要

裁判官になった猪爪寅子
猪爪寅子のイメージ図

昭和4年(1929年)、日本初の女性専門の法律学校が開設されました。

そこには、当時の社会に適応できないで、不安や抑圧を感じる女性たちが集いました。

「虎に翼」物語の主人公である猪爪寅子もその一人です。

彼女たちは、「魔女部」と揶揄される学び舎で法律を学び、

自らの職業への道を切り開く覚悟を決意しました。

その法律学校から昭和13年(1938年)、日本初の女性弁護士が誕生しました。

女性弁護士の一人にもちろん、寅子もおり、彼女たちは全国的に注目を集めました。

でも、彼女たちが弁護士として社会に進出した時節、日本は戦争への道を歩み始めていました。

彼女たちは法律の知識を得た翼で羽ばたこうとしましたが、

その翼はもぎ取られて、失速してしまいました。

昭和20年(1945年)、焼け野原の中で立ち尽くす寅子は全てを失いました。

でも、過去に学んだ法律だけが、生き抜くための糧でありました。

寅子は裁判官になることを決意し、

戦争で亡くした親や困難に立ち向かう女性や子どもたちのために、

家庭裁判所の設立に尽力しました。

そして、寅子はついに裁判官となりました。

寅子と仲間たちは、政治や経済では解決できない、

困難に立ち向かう人々の世界を理解し、

その苦境から救うために情熱を持って取り組みました。

楽天ブックス
¥1,760 (2024/06/16 20:34時点 | 楽天市場調べ)
スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」優未役の子役が金井晶さんに交代!うまい演技で可愛くない?まとめ

2024年前期連続テレビ小説:朝ドラ「虎に翼」

主人公:佐田(猪爪)寅子の長女:優未役の子役が金井晶さんに変わったことを紹介しました。

また、筆者が考えた想定されるシーンも紹介しました。

ショートカットの可愛く、上手な演技で見守っていきたいですね。

\お子さんをスクリーンデビューさせませんか?/
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次