虎に翼で和装にベール!昭和の昔に黒振袖の着物で和洋折衷

朝ドラ「虎に翼」で和装にベール!昭和の昔に黒振袖の着物で和洋折衷
スポンサーリンク

2024年前期連続テレビ小説:朝ドラ「虎に翼」、昔の昭和初期、戦前に書生(居候)の佐田優三と結婚した寅子。

朝ドラ「虎に翼」の主人公:猪爪(佐田)寅子は結婚式は挙げず、

母親の希望から記念に写真を撮ることになり、黒振袖の和装にベールの被衣の花嫁姿になった寅子。

令和の時代では考えられない着物の装いにテレビの前の視聴者もびっくりしたと思います。

この記事では、昔の昭和初期の戦前において、

黒振袖の和装にベールの被衣の花嫁姿になった背景とその理由について詳しく紹介します。

スポンサーリンク
目次

朝ドラ「虎に翼」猪爪寅子の黒振袖の和装にベールの被衣の組み合わせの背景

昭和初期の寅子の花嫁衣裳のイラスト(イメージ図)

朝ドラ「虎に翼」主人公:猪爪寅子と書生(居候)の佐田優三が結婚しました。

式を挙げずに写真だけ・・・でも寅子の花嫁衣裳が黒振袖とベールの被衣の装いでした。

この背景について深堀していきます。

和装の歴史と文化

和装は日本の伝統的な衣装であり、何世紀にもわたる歴史を持っています。

着物や浴衣など、さまざまな種類の和装がありますが、

そのどれもが日本文化を象徴する重要な要素です。

見え方によってはクリスチャンだからじゃないの?というイメージかもしれませんが、

戦前の日本では、仏教の家でもこのような花嫁衣裳をしていました。

ベールの歴史と意味

ベールはもともと西洋の文化から来たもので、主に結婚式で花嫁が顔を隠すために使用されました。

その後、ファッションアイテムとしても使われるようになり、

さまざまなデザインや用途が広がっていきました。

スポンサーリンク

和装とベールの融合:昭和時代の伝統と革新の美しさ!取り入れた理由は?

和装とベール、一見ミスマッチと思われる組み合わせですが、

昭和時代には、西洋のウェディングドレスに触発され、

和装にベールを合わせるという新しいスタイルが生まれました。

これは、日本の伝統的な美しさと西洋のロマンチックな要素を融合させたもので、

その結果はとても魅力的でした。

スポンサーリンク

和装ベールの誕生:時代の変化を映し出す

昭和初期、欧米文化の影響を受け、日本の結婚式にも洋装が取り入れられるようになりました。

しかし、伝統的な和装への回帰も根強く、和装をベースにした新しいスタイルが模索されました。

その中で生まれたのが、和装にベールを組み合わせたスタイルです。

当時のベールは、レースやチュールなどの柔らかい素材で作られたものが多く、

純白やオフホワイトなどの色合いが主流でした。

髪型は洋髪風のアップスタイルや、和髪にベールを飾り付けるスタイルなどが人気でした。

まさに、寅子の花嫁衣裳がそうですね。

和装の着物にベールを取り入れた理由は?

昭和初期の時代において、和装にベールを取り入れた理由を紹介します。

ファッションの融合

和装にベールを取り入れることは、東洋と西洋の文化を融合させる試みでした。

これにより、新しい美しさとエレガンスが生まれました。

東西のファッション文化が見事に融合しました。

昭和時代の日本が西洋文化を取り入れつつ、自身の伝統を大切にした結果と言えます。

結婚式での利用

結婚式は特に和装にベールを取り入れる場面として多く見られました。

花嫁がベールをかぶることで、より一層華やかさと神秘性が加わりました。

スポンサーリンク

結婚相手見つけたい方必見!恋愛・結婚情報サービス エンジェルはどう?

「虎に翼」の猪爪寅子、もとい、佐田寅子の和装とベールの融合はいかがでしたでしょうか。

ところで、結婚相手を見つけたいと思っている方はちょっとだけお時間ください。

結婚相手をお探しなら、リーズナブルな結婚情報サービスがありますよ。



画像引用元:エンジェル

結婚相手として素晴らしいパートナーを見つけることは、人生を豊かにする大切な一歩です。

しかし、自分一人では理想の結婚相手に出会えないよ・・という場面もありますよね。

そこで、結婚情報のエンジェルがお手伝いします。

最近では、マッチングアプリなどありますが・・ヤリモク・・も・・

でも、エンジェルは「公的身元証明書」の提出が必須なので、真剣度が違います!

  • 相性の良い方をご紹介してくれる
  • 婚活がスムーズにいくコツが受けられる
  • 毎月1,980円から始められてリーズナブル

といったように、エンジェルはあなたの結婚したい気持ちを

リーズナブルな料金で提供してくれる結婚情報サービスです。

あなたの新たな人生のスタートを、エンジェルと一緒に切り開きましょう。

スポンサーリンク

佐田寅子!朝ドラ「虎に翼」ストーリーの概要

猪爪寅子のイラスト

昭和4年(1929年)、日本初の女性専門の法律学校が開設されました。

そこには、当時の社会に適応できないで、不安や抑圧を感じる女性たちが集いました。

「虎に翼」物語の主人公である猪爪寅子もその一人です。

彼女たちは、「魔女部」と揶揄される学び舎で法律を学び、

自らの職業への道を切り開く覚悟を決意しました。

その法律学校から昭和13年(1938年)、日本初の女性弁護士が誕生しました。

女性弁護士の一人にもちろん、寅子もおり、彼女たちは全国的に注目を集めました。

でも、彼女たちが弁護士として社会に進出した時節、日本は戦争への道を歩み始めていました。

彼女たちは法律の知識を得た翼で羽ばたこうとしましたが、

その翼はもぎ取られて、失速してしまいました。

昭和20年(1945年)、焼け野原の中で立ち尽くす寅子は全てを失いました。

でも、過去に学んだ法律だけが、生き抜くための糧でありました。

寅子は裁判官になることを決意し、

戦争で亡くした親や困難に立ち向かう女性や子どもたちのために、

家庭裁判所の設立に尽力しました。

そして、寅子はついに裁判官となりました。

寅子と仲間たちは、政治や経済では解決できない、

困難に立ち向かう人々の世界を理解し、

その苦境から救うために情熱を持って取り組みました。

楽天ブックス
¥1,760 (2024/06/16 20:34時点 | 楽天市場調べ)
スポンサーリンク

虎に翼で和装にベール!昭和の昔に黒振袖の着物で和洋折衷!まとめ

昭和時代の和装は、伝統と革新の融合が見られる魅力的なスタイルです。

特に、和装にベールを合わせるというスタイルは、東西の文化の融合を象徴しています。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次