虎に翼の猪爪寅子のお見合いをネタバレ!社会的地位の為再開

朝ドラ「虎に翼」の猪爪寅子のお見合いをネタバレ!社会的地位と信頼を得るの為に再開!
スポンサーリンク

2024年上期連続テレビ小説:朝ドラ「虎に翼」

朝ドラ「虎に翼」の主人公である猪爪寅子のお見合いについてネタバレで紹介します。

猪爪寅子は女学生時代に3回お見合いをしました。

そして、明律大学を卒業し、高等試験司法科にも合格し、弁護士にもなれました。

が、女性ということだけで依頼が全く来ない状態・・社会的地位と信頼度を得るため、

誰でもよいから結婚したいと考え、お見合いを両親にお願いをします。

でも・・10年ぶり・・25歳になった寅子にはお見合い相手が現れず・・・

そこに書生(下宿人)の佐田優三が、やって寅子のお見合いに終止符が打たれました。

どのように、お見合いに終止符が打たれたのでしょうか?

猪爪寅子のお見合い相手等をふくめてネタバレでこれまでのお見合いを含めて紹介いたします。

スポンサーリンク
目次

猪爪寅子のお見合いをネタバレ

猪爪寅子のイラスト
猪爪寅子

猪爪寅子のお見合いについて紹介します。

明律大学入学前の女学生時代

女学生の猪爪寅子は母親はるからお見合いをするようにしつこく言われました。

  • 初めてのお見合い:寅子の初めてのお見合いは、彼女がまだ高等女学校に通っていた時期に行われました。しかし、寅子は前日に梅丸少女歌劇団に入るため夜逃げに失敗、寝不足状態でお見合いに出席。。。不機嫌で、さらに途中で居眠り・・結果的に相手から断られました。
  • 二度目のお見合い:二度目のお見合いも寅子が学生だった時期に行われました。ここでも彼女は、学校の成績について不甲斐なさを語りだし、不機嫌な態度を示しました。このお見合いも相手から断られました。
  • 三度目のお見合い:三度目のお見合いの相手は(オリラジ藤森慎吾さんが演じる)横山太一郎でした。彼は帝国大学卒のエリートで、貿易会社に勤務していたニューヨーク帰りのエリート社員でした。このお見合いでは、寅子がこの人なら渡り合えると勘違いして調子に乗って新聞の知識をひけらかしたところ、「女のくせに生意気な!」と一喝されてしまいお見合いの席を断ってしまいました。もちろん断られました。

明律大学卒業し高等試験にも合格し弁護士になれたが・・仕事が来ない・・だからお見合い

女性でも弁護士になれると、明律大学を卒業し、高等試験司法科にも合格し、

弁護士活動を始めようとするが・・・「女」という理由で依頼が全然舞い込んでこない・・

同時期に高等試験司法科に合格した久保田は法廷にたてて・・

さらに、憧れていた花岡には婚約者が・・・ショックを受けた寅子は、母:はると父:直言に

私のお見合い相手を探していただけませんでしょうか?

寅子は、立派な弁護士になるために社会的な信頼度と地位を上げるため、

誰でもよいから結婚したいと考え、

私のお見合い相手を探していただけませんでしょうか?

母:はると父:直言にお願いをします・・が寅子の年齢は25歳、10年ぶりのお見合い再開

ドラマの当時の女性の結婚適齢期は23歳・・・

お見合い相手として妻に先立たれたお医者様がみつかるが・・弁護士をするご婦人は怖そうだと断られてしまう。

はるから、近所の人にもお願いをされていたが、先に相手が見つかったと言われる始末。

このように、お見合い相手自体が見つかりませんでした。

書生(下宿人)だった佐田優三が猪爪寅子のお見合い活動を終わらせた

書生の佐田優三のイラスト
佐田優三(イメージ)

登戸火工で直言がお見合い相手を探している様子から、

寅子がお見合いをしていることを知った、書生(下宿人)だった佐田優三が、

ある日、猪爪家にやってきて、仕事から帰ってきて、お見合いの経緯をべらべら話す寅子に

「僕じゃだめかな・・お見合い・・というか社会的地位を得るための結婚相手なら僕じゃだめでしょうか!」

つまりそれは社会的地位がほしい?といい「うん」という寅子。

同じ独身である寅子にその言葉が響き、

緊張のあまり、お腹を壊しトイレに駆け込む佐田優三

この言葉がきっかけで、寅子は優三と婚約しお見合いは終了します。

脚本家吉田さんもやりすぎか・・とおもったがやった。

緊張してたんだね。優三さん。

スポンサーリンク

お見合いしたい!という方必見!恋愛・結婚情報サービス エンジェルはどう?

「虎に翼」の猪爪寅子は結局、結婚相手をお見合いでなく、身近な方と結婚しました。

でも、お見合いに興味がある方はちょっとだけお時間ください。

結婚相手をお探しなら、リーズナブルな結婚情報サービスがありますよ。



画像引用元:エンジェル



お見合いを通じて素晴らしいパートナーを見つけることは、人生を豊かにする大切な一歩です。

しかし、お見合いは自分一人では難しい場面もあります。

そこで、結婚情報のエンジェルがお手伝いします。

最近では、マッチングアプリなどありますが・・ヤリモク・・も・・

でも、エンジェルは「公的身元証明書」が必須なので、真剣度が違います!

  • 相性の良い方をご紹介してくれる
  • 婚活がスムーズにいくコツが受けられる
  • 毎月1,980円から始められてリーズナブル

といったように、エンジェルはあなたの結婚したい気持ちを

リーズナブルな料金で提供してくれる結婚情報サービスです。

あなたの新たな人生のスタートを、エンジェルと一緒に切り開きましょう。

スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」ストーリーの概要

裁判官になった猪爪寅子
猪爪寅子(イメージ)

昭和4年(1929年)、日本初の女性専門の法律学校が開設されました。

そこには、当時の社会に適応できないで、不安や抑圧を感じる女性たちが集いました。

「虎に翼」物語の主人公である猪爪寅子もその一人です。

彼女たちは、「魔女部」と揶揄される学び舎で法律を学び、

自らの職業への道を切り開く覚悟を決意しました。

その法律学校から昭和13年(1938年)、日本初の女性弁護士が誕生しました。

女性弁護士の一人にもちろん、寅子もおり、彼女たちは全国的に注目を集めました。

でも、彼女たちが弁護士として社会に進出した時節、日本は戦争への道を歩み始めていました。

彼女たちは法律の知識を得た翼で羽ばたこうとしましたが、

その翼はもぎ取られて、失速してしまいました。

昭和20年(1945年)、焼け野原の中で立ち尽くす寅子は全てを失いました。

でも、過去に学んだ法律だけが、生き抜くための糧でありました。

寅子は裁判官になることを決意し、

戦争で亡くした親や困難に立ち向かう女性や子どもたちのために、

家庭裁判所の設立に尽力しました。

そして、寅子はついに裁判官となりました。

寅子と仲間たちは、政治や経済では解決できない、

困難に立ち向かう人々の世界を理解し、

その苦境から救うために情熱を持って取り組みました。

楽天ブックス
¥1,760 (2024/05/12 20:27時点 | 楽天市場調べ)
スポンサーリンク

朝ドラ「虎に翼」猪爪寅子のお見合いをネタバレ

今回は朝ドラ「虎に翼」の猪爪寅子のお見合いについて紹介しました。

また、寅子のお見合いに終止符を打ったのは、書生(下宿人)だった佐田優三であることをネタバレしました。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次